FC2ブログ

コーヒー

コーヒー好きの集まるブログ!リュウの世界 > スポンサー広告 > コーヒー豆の保存方法> コーヒーの豆知識 > コーヒー豆の保存方法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーヒー豆の保存方法

焙煎したコーヒー豆は生鮮食品です。
新鮮なコーヒー豆や高級なコーヒー豆を手に入れても一週間以内に使い切るのであれば、常温で問題ないのですが、
一ヶ月以上保存するのであれば、適切な保存方法で保存しなければコーヒー豆が酸化し傷んでしまい味が落ちてしまいます。

コーヒーをおいしく飲める範囲で保存できる期間
・挽いた後の粉の状態なら2~3週間
・豆のままの状態なら1~2ヶ月

粉の状態であれば豆のままの状態より空気に触れる面積が大きくなるので酸化速度が早くなります。


保存はあくまで保存です!
適切な保存をしていても、コーヒー豆の品質は一定には保てません
品質低下を防ぐことはできなくても品質低下の速度を遅らせることはできます。


3d109e2957ec46051d0170be3ec0099b_s.jpg


保存方法
・一週間以内に飲み切る場合
保存容器等に入れて、常温で保存する。
一週間くらいであれば常温でも問題ありません。焙煎から一週間が一番おいしい期間です。

・2~3週間保存する場合
ジップロックなど密閉できる袋に入れ、冷蔵庫で保存する。
密閉した時にできるだけ空気を抜く方がいいです。

・1ヶ月以上保存する場合
密閉できる袋に入れ冷凍庫で凍らせて保存する。
1ヶ月以上となると保存方法で風味、味に違いが出てきます。
豆は凍らせてもそのまま解凍せずにコーヒーミルなどで挽けます。

・2ヶ月以上保存する場合
あきらめて、新しく買うことをオススメします。


真空パックにすればもっと永く保存できるのではないかと思いましたが、コーヒー豆って真空パックできないんです
なぜ真空パックできないかというと、焙煎するとしばらく豆からガスが発生します。このガスがコーヒーのいい香りのもとになっています。

なので新鮮なうちに真空パックするとガスで袋がパンパンになり真空パックの意味をなさなくなります。

真空パックできないのでコーヒー豆は個人の保存方法で保存するしかないのです。


私は1~2週間で飲み切れる量をその都度で購入するのが一番いいのではないかと思います。
味が劣化することなく楽しめますし、他の豆を試したくなったらすぐ試せます。


最後にもう一度言いますが保存はあくまで保存です!


コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。