FC2ブログ

コーヒー

コーヒー好きの集まるブログ!リュウの世界 > スポンサー広告 > アメリカンコーヒーはなぜアメリカ?> コーヒーの豆知識 > アメリカンコーヒーはなぜアメリカ?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカンコーヒーはなぜアメリカ?

日本でアメリカンコーヒーとはたいていの場合、浅煎りの豆で入れたコーヒーの事を指します。

87cd218812a5f38195b7e1203a4838c0_s.jpg


私はアメリカの食べ物って味がめっちゃ濃くて大量というイメージがあるので、アメリカンコーヒーも味が濃くて苦い大量に入ったコーヒーの事を指すものだと思っていました。
しかし実際に飲んでみると味が薄くてびっくりしました。その当時はなんの知識もなくイメージだけで濃いものだと思い注文したので、あまりの薄さに水でも入れてかさまししているのではないかと疑ってしまいました。

アメリカンコーヒーは浅煎りの豆で入れたコーヒーなので、味が薄く感じるものです。
苦みが弱くて飲みやすいですが、浅煎りなのでカフェインは多く含まれています。

なぜこのような浅煎りのコーヒーをアメリカンコーヒーというのでしょうか?

実はアメリカは元々はコーヒーより紅茶の方が主流の文化でしたが、1773年のボストン茶会事件により紅茶の輸入が途絶えてしまい、代わりにコーヒーを飲むようになりました。
コーヒーは紅茶の代わりに飲んでいたので、コーヒーを薄く作り紅茶に似せていたともいわれています。

さらにアメリカ西部地域の水質がアルカリ性なのでコーヒー豆を浅煎りにすることで水質に合ったコーヒーにして飲んだと言われています。

この紅茶に似せた薄いコーヒーが日本に来て、アメリカの人は薄いコーヒーを好んで飲むから、薄いコーヒーは「アメリカンコーヒー」にしようとなったらしいです。

このアメリカンコーヒーというのは日本人が名付けた和声英語なので、実際にアメリカでは通用しません。


コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。