FC2ブログ

コーヒー

コーヒー好きの集まるブログ!リュウの世界 > スポンサー広告 > インスタントコーヒーの秘密!> コーヒーの豆知識 > インスタントコーヒーの秘密!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インスタントコーヒーの秘密!

今のインスタントコーヒーは本当にすごいですよね!!
専門的な器具がなくても、カップとお湯さえあればいつでもどこでもおいしいコーヒーがすぐに飲めるんですから



add7afb69d76015775847adbca4bd4fa_s.jpg
それに今のインスタントコーヒーは手軽に楽しめるだけでなく様々なバリエーションがあり、味も豆から淹れたのとと同じくらいおいしいものもあります。

しかしインスタントコーヒーって不思議ですよね!
普通コーヒー豆からドリップするにしろ、エスプレッソにするにしろ、コーヒー豆の残骸が残りますよね。
それなのにインスタントコーヒーは粉がすべてお湯に溶けて、全部飲むことができます。なぜなのか?


インスタントコーヒーは、コーヒー抽出液から水分を抜いて粉にしたものなので、お湯で水分を足してやれば、元のコーヒーに戻るわけです。
インスタントコーヒーの製造方法は2種類あり、フリーズドライ製法とスプレードライ製法があります。

・フリーズドライ製法
真空凍結乾燥法ともいわれます。
コーヒー液をマイナス40℃ほどの低温で凍結させて砕きます。この砕いたコーヒーの粒を真空中で乾燥させます。

真空環境下では水分は水蒸気になりやすいため氷が溶け、蒸発するのでコーヒーの水分が飛んだ状態の粉が残ります。
氷のあった空間がそのまま残るのでこの製法では顆粒が大きくなります
miaaassg.jpg


熱をかけなくてもいいので、風味や香りを逃がさないで作れる、特徴があります。



・スプレードライ製法
噴霧乾燥法とも言われます。
コーヒー液を霧状に噴霧して熱風で、瞬間的に水分を蒸発させる製法です。
霧状で乾燥させるので顆粒が小さくなります
miaaaag.jpg




このような製法で作られて、私たちの知っているインスタントコーヒーの形になるわけですね。
最近はこの方法でさらに改良を行い、水でも溶けやすいインスタントコーヒーを作っている会社もあります。
水で溶けるとアイスコーヒーを作りやすいですね!


>ブレンディ インスタントコーヒー まろやかな香りブレンド 袋(250g)【ブレンディ(Blendy)】

価格:874円
(2017/2/24 00:26時点)
感想(2件)



コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。