コーヒー

コーヒー好きの集まるブログ!リュウの世界 > コーヒーの楽しみ方 > 水出しコーヒーの魅力!

水出しコーヒーの魅力!

●水出しコーヒーとは?

水出しコーヒーの意味
水出しコーヒー(コールドブリューコーヒー)はダッチコーヒーとも呼ばれます。
ダッチコーヒー(Dutch Coffee)とはオランダのコーヒーという意味です。
オランダで発明されたコーヒーではなく、戦前オランダ領だったインドネシアで発明されたからです。

・なぜ水なのか?インドネシアではロブスタ種が広い範囲で栽培されています。しかしロブスタ種は苦みやエグ味
強いコーヒーであり、お湯で抽出すると、苦みエグ味がそのまま出てしまうので、水で時間をかけ抽出
する方法
が発明されました。
水で抽出することにより苦み、エグ味を抑え、すっきりとした味わいになり飲みやすくなります

4f9413d2300f32bf78702d3344408f8d_s.jpg


●水出しコーヒーの特徴

普通にお湯でコーヒーを淹れた場合はコーヒー豆を焙煎した時に出る油分も一緒に溶けだし
抽出されます

水出しの場合は油分が溶け出すことなくさっぱりとした味わいになります。
さっぱりとしているので夏場の暑いときは水分補給としてガブガブと飲めます。


油分が少ないので、時間を空けても酸化しにくく味が落ちません
酸化しにくいので大量に作り置きができます。


丸みのある柔らかい飲み心地と風味は、水出しでしか味わえないものとなります


●水出しコーヒーはどんな豆が合う?

・豆の種類
コーヒー豆は酸味の少ない、グァテマラかブラジルを選べば間違いないと思います。

・豆の焙煎度
水出しコーヒーは酸味が強く出すぎてしまう特徴があります。
そのため、酸味が弱い深煎りの豆が合います。
一般的にフレンチローストやイタリアンローストがよく使われています。

・豆の粒度
豆の粒度はどれくらい水に入れておくかによって変わってきます。
細かく挽けば早く抽出されます

水に入れておく時間が4~6時間の場合は中細挽~中挽が良いです。
水に入れておく時間が8時間以上の場合は中挽き~粗挽きが良いです。

中細挽で長時間水に入れておくとエグ味がでる可能性があるので注意してください

あと水の温度によっても、味の濃さが変わってくるので途中で味見して調整してください。

f87802ce91133cda08e86009f9b3bec4_s.jpg


●水出しコーヒー作り方

水出しコーヒーは専用器具を使わなくても麦茶などを作る要領で簡単に作ることができます。
百均などで売っているティーパックを使い、その中に挽いたコーヒー豆を入れ、それをサーバーに
水と一緒に入れ数時間待つだけです

・分量
出来上がり量を400cc(グラス2~3杯分)として、コーヒーの粉50g程度、冷水500cc



最近は水出しコーヒーが簡単に手間なく作れるポットもあります
水出しコーヒーが作れさらにそのまま冷蔵庫に入れ保存できるという優れものです。





●水出しコーヒーとドリップコーヒーを冷やしたものの違い

水出しコーヒーを作る時間を考えたら、ドリップコーヒーを冷やして飲めば早いのではないかと思います。
氷を入れればすぐ冷えアイスコーヒーがすぐできますが、氷が解け薄くなります。
ドリップコーヒーを冷蔵庫などで冷やすと薄くならずに冷やせますが、油分が抽出されているので
大抵酸っぱくなりおいしくなくなります


冷たいアイスコーヒーは水出しがおすすめです!!


しかし、逆に水出しコーヒーを温めて飲む方法は意外といけます。さっぱりしたホットコーヒーになります。




コメント

 by 数字の人

解説、ありがとうございます(^^)/

え、簡単にできるんですね(・o・)
20年ぐらい前、大阪の喫茶店で
時間かけて、ポタポタ落として作ってんのを見た事あるんですよ
あとで、水出しコーヒーだと知ったんですが


これなら出来そうです(●^o^●)

2017/03/02(木) 21:55:09

 by リュウ

いかがでしたか?


水出しコーヒーも専門の器具があります!
喫茶店では本格的な器具を使っていたのではないですか?

簡単にできますが時間はかかりますけど^w^;

またリクエストあれば何でもやりますよ^w^

2017/03/03(金) 00:29:02
管理者にだけ表示を許可する