コーヒー

コーヒー好きの集まるブログ!リュウの世界 > コーヒーの豆知識 > クロロゲン酸の知られざる効果!!

クロロゲン酸の知られざる効果!!

コーヒーに含まれている体に良い効果のある成分はカフェインだけではないのです。
クロロゲン酸というポリフェノールの一種も豊富に含まれています。

f0e3d65ea9ece7a4f5a209ef8c896023_s.jpg


●クロロゲン酸とは?
クロロゲン酸は強い抗酸化作用がある成分です。
コーヒーポリフェノールとも呼ばれます。
コーヒーポリフェノールと言われるだけあり、コーヒーにクロロゲン酸がもっとも多く含まれています。

コーヒー以外ではジャガイモやゴボウの皮の部分に含まれていますが、皮の部分なので調理方法
は限られます。他には春菊やプルーンなどにも含まれています。


コーヒーなら毎日飲む人も多いと思うのでクロロゲン酸を習慣的に摂取することができます。



●クロロゲン酸の効果

クロロゲン酸は様々な健康に良く、ダイエットに有効な効果があります。

・抗酸化作用
ポリフェノールの効果として知られている、強い抗酸化作用です。
体を老化させると言われている活性酸素を抑制する効果があります。

美容に効果的です。
老化を防ぎ、シミを抑える効果もあるので美肌をつくってくれます。


・脂肪と糖質の吸収を抑制
脂肪と糖質の吸収を抑える働きがあるのでダイエットに効果があります。


・花粉症の予防
花粉症にもポリフェノールが有効と言われています。


・動脈硬化の予防
LDLコレステロールの酸化を防ぎ、動脈硬化を予防します。

・血糖値上昇を抑制
クロロゲン酸には血糖値上昇を抑える働きがあります
糖尿病予防にもなります。



クロロゲン酸にはこれだけの効果があります。
効率良くクロロゲン酸を摂取すれば、生活習慣病を予防でき、がん予防にもなるので
習慣的に摂取したいですね。




●クロロゲン酸の副作用
これだけ良い効果があるのですが、やはり副作用もあります。
クロロゲン酸の大量摂取で便秘になりやすくなります。しかしコーヒーに含まれるほどの量では
あまり気にしなくても大丈夫そうです。サプリメントなどで摂取する場合は注意が必要です。

49183af247908fa47d5dcc2977882374_s.jpg


コーヒーであればクロロゲン酸の副作用よりカフェインの副作用に注意するべきですね



●まとめ
やはりクロロゲン酸は体に良いことが多く、ダイエットにも効果的であるので積極的に摂取していきたいですね。

インスタントコーヒーでも摂取できますが、ドリップで淹れたコーヒーの方がクロロゲン酸の量が
多いです



コメント

管理者にだけ表示を許可する