FC2ブログ

コーヒー

コーヒー好きの集まるブログ!リュウの世界 > スポンサー広告 > コーヒー豆の種類> コーヒーの豆知識 > コーヒー豆の種類

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーヒー豆の種類

現在、全世界で栽培されているコーヒー豆の品種は200種類を超えていると言われています。
200種類以上ありますが、コーヒー豆の種類はアラビカ種ロブスタ種リベリカ種の3種類です。これらはコーヒー豆の3大原種と言われています。

48561606ace82af482c0b60983a66591_s.jpg


私たちがよく知っているコロンビア、キリマンジャロ、マンデリン、ブラジルなどはアラビカ種です。
まろやかな味と酸味、香りが強いのが特徴です生産地は海抜1000~2000メートルの高地で生産されています。

ロブスタ種は苦みと渋みが強いのが特徴です。ロブスタ種を単体で飲むと特有の泥臭さがあり
飲みにくいので、インスタントコーヒーや缶コーヒーによく使用されています。
後、ブレンドすれば苦みがいい引き立て役になります。
生産地は海抜200~800メートルの熱帯の低地で生産されています。

リベリカ種は生産数が少ないので日本ではなかなか見ることがないらしいです。
海抜200メートル以下の主に低地・平地栽培されています。味は強い香りで後味スッキリらしいのですが、
私はリベリカ種のコーヒーを飲んだことがないので、詳しくは分かりません・・・
まぁ、日本ではあまり見られないので、リベリカ種はないものと考えていいと思います。

主なアラビカ種はキリマンジャロやブラジル、ケニアなど原産地名で表記されています。
アラビカ種は原産地名でロブスタ種は原産地名で表記されることはほぼないと覚えてたら役に立ちそうですね。


コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。